弁護士として名刺は有効に活用すべきものになってきている

名刺イメージ

弁護士という業務を考えた場合、名刺一つをとっても信用の度合いを変化させてしまうことがあります。
頼りのない名刺をもらったとすると、その弁護士まで頼りなく見えてしまい、本当にここに相談してよかったのかと疑念を持ってしまうでしょう。

一つのツールではありますが、どういったものを作るか次第では、チャンスを失ってしまうものでもあるのです。

弁護士という業種の名刺を考えていくと、複数の形を持っているといいということがわかってきます。
これは、依頼者に合わせて使い分けすることになるわけですが、あまり複雑なものよりもシンプルなものが効力を上げたりするからです。

一般の依頼者の場合には、事務所名と名前、住所電話番号程度の簡素なものがいいでしょう。
あまりにごちゃごちゃ入っていても、信頼感にかけてしまいます。
シンプルなものを使うことで、余計な心配を増やすことなく、こちらの話に集中してもらうという意図もあるのです。

お勧めのSHOP

最短即日出荷OK!名刺作成と印刷はページ上で思い通りのデザインが簡単に作成できるスピード名刺館に!
ハンコヤドットコムグループ会員ならポイント使用可能。
さらに溜まったポイントはTポイントやamazonギフトに振り替可能!
名刺作成・名刺印刷のスピード名刺館【即日発送OK!!】

企業が相手の場合には、単一の案件ではなく、末永くお付き合いしたいものです。
そこで、顔写真やロゴマークを入れたものを用意し、裏面に業務内容を記載しておきます。
こうしておくことで、何かあった時には思い出してもらえますし、業務内容を見たときに他のことも依頼できるということを印象付けておくのです。

名刺を渡しということは、弁護士にとってもビジネスチャンスになります。

一般の職業以上に、有効活用していくことが求められる時代になっているのです。

ページの先頭へ