名刺を作成するために編集するソフトのハードル

名刺イメージ

最近では、自分で名刺をデザインし、家庭用プリンターで作成する人も増えています。
用紙を購入すると、簡単な編集ソフトが付いているため、基本的な作業を行っていくことができるようにもなっています。
とても便利なものではあるのですが、欠点も多くあることを忘れてはいけません。

フリーで使えるタイプの編集ソフトで名刺を作成する場合、文字や定型的なものの配置はとても簡単にできます。
機能を特化させているため、余計な操作をせずに使っていくことができるのです。
そのため、初心者でも作成することができます。

ですが、それだけに、写真やロゴの合成や作成はできないことがほとんどです。
当然、名刺に配置するわけですから、拡大や縮小はできます。

回転させることもできますので、縦型でも横型でも作っていくことができるといえるでしょう。
しかし、細かなことができないために、思っているようなロゴデザインができなかったり、写真を加工したりすることができないのです。

お勧めのSHOP

最短即日出荷OK!名刺作成と印刷はページ上で思い通りのデザインが簡単に作成できるスピード名刺館に!
ハンコヤドットコムグループ会員ならポイント使用可能。
さらに溜まったポイントはTポイントやamazonギフトに振り替可能!
名刺作成・名刺印刷のスピード名刺館【即日発送OK!!】

専門のところに依頼をする場合には、IllustratorやPhotoshopを使って、加工したもので入稿することがほとんどです。
こういったソフトで編集することができるのであれば、フリーの名刺作成ソフトと合わせ、素晴らしいものを作っていくことができるといえるでしょう。
ですが、この手の編集ソフトは、10万円近くになってしまうこともありますし、操作も複雑で簡単には行えません。

もしも、ハードルが高いと感じたときには、一度専門店に相談してみることも必要だといえるでしょう。

ページの先頭へ