名刺を布で作る効果はどんな職業にあるか

名刺イメージ

最近は名刺を作るといっても、様々な素材を使用することができるようになりました。
印刷技術の進歩もあり、耐久性にも優れたものを作ることができるのです。
その中には、紙以外のものも多く、布でできた名刺もあります。
一見すれば、イレギュラーな素材は使い道に乏しいと思いがちですが、使い方次第では、大きな効果を生むものになってくれるのです。

布でできたものは、どんなところで使うと効果的かということが問題です。
一般の営業職では、マナー的にも問題が出てくることがあります。
ですが、一歩進んで考えれば、布を売る商売であれば、自社にかかわる名刺はマイナスにはならず、プラスになることもあるでしょう。
これも販売よりも制作側のほうが、効果が高いといえます。

アパレル系の名刺としても、用途があるでしょう。
服などを売る場合には、布は切っても切れない関係にあります。
そういった点で、関連性を植え付けることができるものになるといえるでしょう。
珍しい素材だということで、印象を強めることになり、思い出してもらいやすい名詞になってくれることは間違いありません。

何も布にかかわるところだけが、利用価値が高いわけではありません。 はさみというものも関連付けることができるため、美容室の名刺としても面白いものになってくれます。

日々に利用するところではありませんが、機会があるたびに思い出してもらいやすいものとなることからも、活用する意味が出てくるといえます。

ページの先頭へ